nowtopnews(ローカルニュース)

ローカルニュースをいち早くnowtopnewsがお届けします。
あなたの故郷で“今”何が起こっているのか、最新のnowtopnewsをチェック!
ローカルニュースを知ることで明日の話題はお困りなし。
ランチネタ、仕事終わりの飲み会ネタ、ツイッターネタ、facebookのネタはnowtopnewsから

    2017y01m20d_062421362

    全国のコンビニエンスストアのATMから巨額の現金が引き出された事件で、警視庁は17日、指示役の33歳男と出し子の29歳の男らをそれぞれ不正作出支払用カード電磁的記録供用などの容疑で逮捕したと発表した。

    不正作出支払用カード電磁的記録供用などの容疑で逮捕されたのは、指示役の小幡研二容疑者と出し子の関原剛容疑者ら3人。

    警視庁によると、小幡研二容疑者は先月、関原剛容疑者ら出し子2人に手渡した偽造カードで八王子市のコンビニATMから現金300万円を不正に引き出させた疑いが持たれている。

    関原剛容疑者ら出し子2人は「現金を下ろす仕事がある」などと指示役の小幡研二容疑者に誘われたとみられ、白いカードを数枚受け取っていたという。

    警視庁の調べに対し、小幡研二容疑者と関原剛容疑者らはいずれも容疑を認めているという。

    警視庁では、3人が他の店舗でも、不正に現金を引き出したとみて、詳しく調べる方針。

    【日時】2016年06月17日 16:00
    【提供】日刊時事




    続きを読む

    2017y01m22d_090512186

    神奈川県海老名市の海老名駅前の自由通路でマネキンフラッシュモブと呼ばれるパフォーマンスをした海老名市議に対し、市が条例に基づいて禁止命令を出したのは、表現の自由を侵害し違憲だとして、市議らが16日、命令取り消しを求めて横浜地裁に提訴したことを明らかにした。

    原告は海老名市議の吉田美菜子氏と「#マネキンフラッシュモブ@かながわ」らメンバー9人。

    訴状によると、グループは2月28日、海老名駅前の自由通路で約10人が集まり「アベ政治を許さない」「自由なうちに声を上げよう」などと記したプラカードを持って数分間立ち止まり、ポーズを取るパフォーマンスを実施。

    約1時間で計10ケ所の地点に移動し、活動を終えたとされる。

    海老名市は「海老名駅自由通路設置条例」が禁止する集会やデモにあたるとして、内野優市長が3月28日に禁止命令を出した。

    従わない場合、条例に基づき5000円の過料を支払わせるとしている。

    原告側によると、条例自体が表現の自由を過剰に規制するもので、憲法に違反すると主張。

    パフォーマンスについても「静止した姿を示すだけで、デモや集会のように集団で威力を示す行動とは対極的なもの」と市の見立てに反論。

    その上で、吉田さんへの命令の取り消しのほか、ほかのメンバーに対しても今後、同様の命令を出さないよう求めているという。

    市駅周辺対策課は「訴状が届いておらず、コメントできない」としている。

    【日時】2016年06月17日 11:41
    【提供】日刊時事




    続きを読む

    2017y01m22d_091556882

    宮城県仙台市のショッピングビルで15日、油と洗剤を間違えて入れて揚げたドーナツなどを販売していたことが明らかとなった。

    ドーナツを購入した客10人が舌のしびれなどを訴えたという。

    発表によると、洗剤が混入したのは、エスパル仙台店の地下1階にある「アフタヌーンティー・ティールーム」で製造・販売されたドーナツや揚げパンなど、4種類22個。

    仙台市の保健所によると、店では15日の開店前に、パンを揚げるフライヤーの近くにあった洗剤5リットルを、油と間違えて継ぎ足し、製造・販売したとされる。

    これまでに購入した客10人が舌のしびれなどを訴え、1人が通院中だが、いずれも軽症だという。

    保健所では、店を17日まで営業停止処分としたが、店では未回収分があるとして注意を呼びかけている。

    【日時】2016年06月17日 06:15
    【提供】日刊時事




    続きを読む

    2017y01m22d_085455714

    男鹿市の中学校に今年4月から勤めていた27歳の男性講師が教員免許を持っていなかったことが明らかとなった。

    この男性講師は教員免許に必要な大学の単位は取得していたが「手続きが面倒だった」という。

    秋田県教育委員会によると、この男性講師は男鹿東中学校の仙北屋英幸講師で2年生の担任をしており、英語を担当していた。

    秋田県教育委員会によると、仙北屋英幸講師は4月に臨時講師に採用された際、教員免許状のコピーの提出期限を守らず、5月11日になって提出。

    ネット上の画像を使って教員免許を偽造、その写しを教育委員会に提出していたという。

    県教委は新たに採用した教員などについて、提出された教員免許の写しと、全国の教員免許のデータを登録しているシステムを照合しているが、システムに仙北屋英幸講師のデータがなかったことから問い合わせたところ、偽造が発覚したという。

    仙北屋英幸講師は偽造を認めて謝罪、すでに支払われた給与を返納する意向を示しており、県教委は16日、4月1日にさかのぼり任用を無効にしたと明らかにした。

    仙北屋英幸講師は教員免許に必要な大学の単位は取得していたが「手続きが面倒だった」という話をしているという。

    仙北屋英幸講師は男鹿東中学校で2年生の担任をしており、英語を担当していたが、県教委は、授業の内容に問題はなかったと判断、再履修などの措置はとらない方針。

    また、県教委は県警に連絡し、再発防止策を講じるとしており、秋田県警では、有印公文書偽造・同行使の疑いで捜査する方針。

    【日時】2016年06月17日 06:57
    【提供】日刊時事




    続きを読む

    2017y01m22d_072949636

    和歌山県和歌山市の精神科の病院で、入院患者の男性の頭を殴るなどして殺害したとして、和歌山県警は17日、殺人の容疑でこの病院に入院している69歳の男を逮捕したと発表した。

    殺人の容疑で逮捕されたのは、精神科に入院している69歳の男で、容疑を認めている。

    和歌山県警によると、男は、17日深夜0時半頃、和歌山市塩屋にある医療法人宮本病院精神科の別の部屋に入院していた70歳の男性の頭を将棋盤で数回殴ったうえ、手で首を絞めて殺害した疑いが持たれている。

    宮本病院によると、2人は昨年5〜8月に同じ病室にいたが、トラブルが重なり被害者から「男がくってかかってくるので部屋を変えてほしい」という要望があった為、去年8月に病室を変更したという。

    県警の調べに対し、男は「間違いありません」と供述しており容疑を認めているという。

    県警では、男の動機を調べるとともに当時の状況や経緯などについて詳しく調べる方針。

    【日時】2016年06月17日 12:27
    【提供】日刊時事




    続きを読む

    このページのトップヘ