nowtopnews(ローカルニュース)

ローカルニュースをいち早くnowtopnewsがお届けします。
あなたの故郷で“今”何が起こっているのか、最新のnowtopnewsをチェック!
ローカルニュースを知ることで明日の話題はお困りなし。
ランチネタ、仕事終わりの飲み会ネタ、ツイッターネタ、facebookのネタはnowtopnewsから

    2017y01m26d_115902006

    群馬県富岡市後加の有料老人ホームで、63歳の施設長の女性を包丁で刺し殺害しようとしたとして、群馬県警は14日、殺人未遂の容疑で入所者で80歳の芝山光信容疑者を逮捕したと発表した。

    凶器の包丁は芝山光信容疑者が持っていたといい、調べに対し容疑を認める。

    群馬県警によると、14日13時頃、富岡市後加にある介護付き老人ホームの職員から「入所者が包丁を持って暴れている」と110番通報があった。

    通報を受け警察官が駆け付けたところ、この老人ホームの施設長の女性が下腹部を刺されており、入所者の芝山光信容疑者を殺人未遂の容疑で現行犯逮捕した。

    刺された施設長の女性は前橋市内の病院に搬送され意識はあるが重傷だという。

    また、凶器となった刃渡り13センチの包丁は、芝山光信容疑者が所有していたという。

    県警の調べに対し、芝山光信容疑者は「刺したことは間違いない」などと供述しており、容疑を認めているという。

    県警では、犯行に至った詳しい動機や経緯などについて調べる方針。

    【日時】2016年07月15日 05:50
    【提供】日刊時事




    続きを読む

    2017y01m26d_115546673

    群馬県前橋市広瀬町のスナックで、客で57歳の須藤保さんを刃物で刺し殺害しようとしたとして、群馬県警は12日、スナック店主で58歳の飯島隆正容疑者を殺人未遂の容疑で逮捕したと発表した。

    須藤保さんは病院へ搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

    県警は容疑を殺人に切り替え捜査する。

    群馬県警によると、12日深夜0時15分頃、前橋市広瀬町のスナックの客の女性から「客の男性が刃物で刺された」と119番通報があった。

    刺されたのは、スナックに客として来ていた自営業の須藤保さんで、首を刺されて病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

    県警はスナックを経営する飯島隆正容疑者が須藤保さんを刺したことを認めた為、殺人未遂の容疑で現行反逮捕した。

    県警の調べに対し、飯島隆正容疑者は「殺そうと思って刺した」などと供述しており、容疑を認めている。県警では、今後容疑を殺人に切り替え当時の状況などを詳しく調べる方針。

    2人は知り合いで、当時酒を飲んでいたといい、県警では何らかのトラブルがあったとみている。

    【日時】2016年07月12日 11:42
    【提供】日刊時事




    続きを読む

    2017y01m26d_112507624

    東京都台東区のキャバクラ店「クラブロイヤル」の店長が、従業員にライターで火をつけ全身やけどを負わせたとして、警視庁は傷害の容疑で、店長の山田祐輔容疑者を逮捕したと発表した。

    山田祐輔容疑者は容疑を否認しているが、勤務態度を巡るトラブルがあったという。

    警視庁によると、傷害の容疑で逮捕されたのは、台東区西浅草にあるキャバクラ店「クラブロイヤル」店長の山田祐輔容疑者で、9日、店内で従業員の男性にライターで火をつけて、全身やけどの大けがをさせた疑いが持たれている。

    店が入るビルの入り口付近で、男性が下着だけを身につけ倒れているのを通行人が発見、119番通報し、事件が発覚した。

    山田祐輔容疑者と従業員の男性の間には勤務態度を巡るトラブルがあったといい、警視庁が詳しい動機や経緯などについて詳しく調べる方針。

    警視庁の調べに対し、山田祐輔容疑者は容疑を否認している。

    【日時】2016年07月10日 07:58
    【提供】日刊時事




    続きを読む

    2017y01m26d_112143271

    東京都立川市のマンションの一室で、この部屋に住む24歳のパート従業員・浅井真弓子さんが死亡しているのが発見された。

    首には電気コードが巻き付けられており、警視庁では浅井真弓子さんが事件に巻き込まれたとみて捜査を開始した。

    浅井真弓子さんと連絡が取れないことを不審に思った知人夫婦が警視庁に相談し遺体を発見した。

    警視庁によると、7日18時35分頃、立川市西砂町のマンション 3階の一室でパート従業員の浅井真弓子さんが首に電気コードが巻きつけられ死亡しているのを警察官が発見した。

    玄関は暗証番号を入れる形式の扉で施錠されていたが、部屋の窓は開いた状態だったという。

    発見時、浅井真弓子さんはTシャツに黒っぽいズボンを身につけていたが、着衣に乱れはなく抵抗した際に出来る傷痕などもなく、部屋が荒らされた形跡もなかった。

    警視庁によると、7日17時頃、浅井真弓子さんと連絡が取れないと相談があり、2人の話を基にマンションを訪れたところ、部屋のベッド脇で浅井真弓子さんが仰向けに倒れているのが発見され、その場で死亡が確認された。

    この部屋には、浅井真弓子さんの母親と妹、それに3歳の娘が住んでいるが、発見当時はいずれも不在だったという。

    同居する家族によると7日の朝は特に変わった様子はなかったと話している。

    警視庁では、死因の特定を急ぐとともに、浅井真弓子さんが何らかの事件に巻き込まれた可能性があるとみてマンションの防犯カメラなどを確認するなどして、詳しく調べる方針。

    【日時】2016年07月08日 03:45
    【提供】日刊時事




    続きを読む

    2017y01m26d_111240565

    警視庁田園調布署で、昨年の10月と今年の2月に地域課の警察官2人が自殺した問題で、2人の書き置きに同じ上司の名前が記されていることがわかった。

    警視庁ではパワハラはなかったとしているが、管理職として問題があったとして上司を訓戒処分とした。上司は6月に辞職した。

    警視庁によると、昨年10月5日21時過ぎ、田園調布署地域課の男性警部補(当時29)が署の5階トイレ個室で拳銃自殺しているのが発見された。

    持っていたノートには上司の名前と批判する文言が残されていたが、署は昨年末、遺族に対し「自殺の原因は不明で、30人ほどの署員に聞き取りをしたがパワハラはなかった」と説明したことがわかった。

    さらに、約4ケ月後の2月21日22時半頃、同署地域課の別の男性警部補(当時53)が同じトイレ個室で、拳銃自殺しているのが発見された。

    制服のポケットにメモがあり、10月に自殺した警部補が持っていたノートと同じ上司を含む男女3人の署員の名字が書かれていた。

    警視庁は両方のケースについて自殺の原因を調査し、2人とも仕事上のミスやトラブルはあったが、ノートに記されていた上司によるパワハラはなく、原因は不明と結論付けた。

    警視庁の幹部は「拳銃使用による職員の自殺が連続して発生した事実は、重く受け止めている。捜査・調査を尽くしたが、原因の特定には至らなかった。
    今後は、同様事案が発生しないよう、より一層、職員が憂いなく職務に専念できる職場環境の構築に努めていきたい」とコメントを出した。

    【日時】2016年07月08日 09:58
    【提供】日刊時事




    続きを読む

    このページのトップヘ