2017y01m19d_075037481

7月31日投開票の東京都知事選に立候補した「在日特権を許さない市民の会」(在特会)前会長で、政治活動家の桜井誠氏(44)をインターネット上で脅すなどしたとして、警視庁が、脅迫や公選法違反(自由妨害)の疑いで、栃木県佐野市の男子高校生(17)や大阪府東大阪市の男子高校生(18)ら計5人を書類送検していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

送検容疑は、選挙期間中の7月中旬、桜井氏を名指しして「殺す」「当選させたくありません」などとツイッターに投稿した疑い。

捜査関係者によると、5人は「ネット上の反応が面白くて書き込んだ」との趣旨の供述をしている。

【日時】2016年10月25日 18:04
【ソース】西日本新聞





続きを読む