nowtopnews(ローカルニュース)

ローカルニュースをいち早くnowtopnewsがお届けします。
あなたの故郷で“今”何が起こっているのか、最新のnowtopnewsをチェック!
ローカルニュースを知ることで明日の話題はお困りなし。
ランチネタ、仕事終わりの飲み会ネタ、ツイッターネタ、facebookのネタはnowtopnewsから

    カテゴリ:国内ニュース > 鳥取



    1 ティータイム ★ :2018/04/08(日) 10:27:08.55 ID:CAP_USER9.net

    朝日新聞 2018年4月8日08時51分

    鳥取県に対するイメージなどを県外在住者に尋ねる2017年度調査の結果がまとまった。連想するもの(自由回答)のトップは「鳥取砂丘」(79・9%)。
    2位以下に大きく差をつけ、調査開始以来7回連続で首位を維持した。

    この調査は県が調査会社に委託し、1月29日~2月5日、インターネットを通じて実施。首都圏や関西圏など計14都府県に住む10代以上の男女計5400人から回答を得た。

    調査結果によると、砂丘以外で連想するもの(自由回答)では、「特にない・わからない」(24・9%)がトップ。
    「二十世紀梨」(14・1%)、「スタバ(無い・できた)」(5・9%)、「ゲゲゲの鬼太郎」(5・1%)と続いた。
    今年、大山寺開創1300年を迎え、様々な催しが企画されている「大山」は3・6%にとどまった。

    見聞きしたことのある話題(複数選択)では、1位が「スターバックスが都道府県で最後にオープン・すなば珈琲」(43・5%)、2位が「ゲゲゲのふるさと鳥取県」(42・2%)で前回と同じ結果。
    3位は「ポケモンGO(鳥取砂丘スナホ・ゲーム解放区宣言)」(32・9%)で前回と比べ10・4ポイント上昇した。
    昨年11月に開催された大規模イベント「ポケモンGOサファリゾーンin鳥取砂丘」の影響とみられる。

    魅力的だと思うもの(一つだけ選択)のトップは「自然環境(地形・景観)」(25・9%)、
    魅力が不足していると思うもの(同)のトップは「交通の便」(29・7%)だった(いずれも「わからない・特にない」を除く)。

    平井伸治知事は3月28日の定例会見で「砂丘は従来から鳥取の顔のようなイメージだが、大山も一つの顔として認知されるようになれば」と話した。(横山翼)

    観光客でにぎわう鳥取砂丘=3月、鳥取市

    (出典 www.asahicom.jp)


    https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180408000587.html


    続きを読む


    NO.6181647 2018/03/07 10:20
    中学生が軽トラを無免許運転 荷台の14歳少年が死亡 鳥取
    中学生が軽トラを無免許運転 荷台の14歳少年が死亡 鳥取
    鳥取県鳥取市叶で3月6日、中学生の少年らが無免許で乗る軽トラックが事故を起こし、荷台に乗っていた少年が死亡しました。

    軽トラックを運転していたのは、鳥取市に住む市立中学校2年生の少年(14)と、助手席の中学3年生の少年(15)です。

    発表によりますと3月6日午前4時10分ころ、鳥取市叶付近を通りかかった通行人から「道路に車が放置してある」などと警察に110番通報があったということです。

    この通報を受け警察官らが現場に駆けつけたところ、道路上に前タイヤなどが破損した軽トラックが放置されていました。

    その後、鳥取市内の病院から「車の交通事故で死亡した中学生の少年がいる」などと警察に連絡がありました。

    この連絡を受け警察官らが病院に駆けつけ、病院で治療を受けていた軽トラックを運転していた少年と助手席の少年に事情を聴いたところ、単独事故を起こしていたことが発覚しました。

    当時、軽トラックには中学生の少年ら計3人が乗っており、荷台に乗っていた少年(14)が事故の衝撃で路上に投げ出され、死亡したということです。

    また、中学生らが乗っていた軽トラックは盗難車で、どこから盗んだのかなどについては不明。

    鳥取県警鳥取署は道路交通法違反(無免許運転)などの疑いで、少年らから事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

    この事故にインターネット上では「中学生が軽トラ運転とか危険すぎる」「どうやって車を手に入れたんだ?」「可哀想な事故だ」「自業自得かな」などと様々な声が多数見られました。

    【日時】2018年03月06日
    【提供】ニュース速報Japan


    続きを読む

    このページのトップヘ